肌に深いかかわりのある「ビタミンC」

ビオチンが不足すると「肌や髪」に影響がでる!」で述べたように、ビタミンB群のひとつ「ビオチン」は、肌の健康を保つために欠かせません。

しかし、ビオチン以外にも肌に関係するビタミンはたくさんあります。その代表格はビタミンCです。なぜビタミンCが肌にとって大切なのかというと、それは、ビタミンCはコラーゲンを生成するときに必要になるからです。

人間の肌はタンパク質でできていて、そのタンパク質の約30%はコラーゲンで占められています。コラーゲンは人間の体のさまざまな場所にあり、組織と組織をつなぐノリのような役目を持っています。

コラーゲンが不足すると、細胞同士がうまくつながらなくなり、組織がはがれてきます。この現象が肌で起こるのが「肌荒れ」です。

しかし、逆にビタミンCが体内に充分にあるとどうなるでしょうか。コラーゲンの合成が活性化されるため、細胞同士がしっかりくっついて、肌の張りを保つことにつながるんです。

ビタミンCがどうやってコラーゲンの生成をうながすのか、そのメカニズムはまだ解明されていません。ただ、ビタミンCがコラーゲンの遺伝子に命令を送り、生成を促進させることは明らかになっています。

スポンサーリンク

ビタミンCは壊れやすい

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれていますが、熱に弱い・水に溶けやすいという性質があります。加熱したり洗ったりといった調理の段階で、5割くらいのビタミンCが流出してしまうと言われています。

加熱の際に失われるのはどうしようもないですが、洗うときには水にさらす時間をなるべく短くするように気をつけるといいと思います。

参考までに、ビタミンCを多く含む食べ物を挙げておきます。

表から分かるように、ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。また、ここで注目したいのは、野菜と果物は食物繊維が豊富なので、腸内環境を整える効果もあるということ。

ビオチンは腸内細菌の働きによって作られる栄養素です。腸内環境が改善されれば、体内で生成されるビオチンの量も増えていきます。
(腸内環境については、「腸内フローラを整えて、ビオチンの体内量を多くしよう!」も参考にしてみて下さい)

ちなみに、ビタミンCの一日の所要量は100mgですが、これはあくまでも欠乏状態にならないために必要な量です。体内に長い時間ためておくことができないビタミンでもあるので、多めに摂っておくほうが良いとされています。一日1gまでであれば、過剰症になる心配もありません。

ダイエットをしている人やタバコを吸う習慣のある人は、ビタミンCの消費量が増えるため、慢性的なビタミンC不足におちいる可能性があります。

とくにタバコは要注意です。タバコ1本につき、ビタミンCが25mg失われます。つまり、タバコを4本吸っただけで、ビタミンCの一日の所要量100mgが消費されるということです。

また、タバコのニコチンが体内で分解されるときに、大量のビオチンが失われることも分かっています。ビタミンCだけでなくビオチンも減るとなれば、肌にとってはダブルでダメージになってしまいます。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る