オリゴ糖はビフィズス菌をサポートする!

腸内フローラを整えて、ビオチンの体内量を多くしよう!」で述べたとおり、体内のビオチン産生を増やすためには、腸内環境を改善することが大切です。そのためにも、腸内の善玉菌を増やしたいところです。とくに、善玉菌の代表格であるビフィズス菌を増やせれば、腸内環境が良くなることは間違いありません。

では、ビフィズス菌はどうやったら増やせるのでしょうか。

菌の粉末を、サプリなどで口から摂取するのもひとつの手段です。しかし、口から体内に入ったビフィズス菌は、胃酸の働きで大部分が死んでしまいます。生き残れるのは、なんと0.00001%だけ。

1億個のビフィズス菌を口から摂取したとしても、小腸まで生きたまま到達するのは1000個以下なんです。

つまり、口からダイレクトにビフィズス菌を摂ったとしても、結局ほとんどが死滅してしまうため、効率が悪いということです。一応、胃酸によって死滅した菌(いわゆる死菌)も、腸内に働きかける力を持ってます。しかし、生きたまま腸に届く菌に比べれば、その力は落ちます。

そこで注目したいのが「すでに体内に棲みついているビフィズス菌を活かそう」という考え方です。

スポンサーリンク

ビフィズス菌は、オリゴ糖を食べることでどんどん増える

オリゴ糖は「ビフィズス因子」のひとつです。ビフィズス因子というのは、腸内のビフィズス菌を増殖させるもののことです。

なぜオリゴ糖がビフィズス因子なのかというと、オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるからです。エサをたくさんもらえれば、当然ビフィズス菌は増えやすくなります。

一点注意しておきたいのは「オリゴ糖自体が腸内環境を良くするわけではない」ということ。あくまでも主役はビフィズス菌です。その主役を助ける名脇役が、オリゴ糖といった感じでしょうか。

オリゴ糖は、その名のとおり糖類に分類されていますが、人間の消化酵素では分解することができません。この点は、ブドウ糖や果糖といった普通の糖類と異なる点です。消化されないということは、胃や小腸で分解されないため、大腸までたどり着くということ。そのため、大腸に棲みついているビフィズス菌までしっかり届くんです。

実際、オリゴ糖を継続して摂ったら、「腸内のビフィズス菌の割合が10%から37%にまで上昇した」という研究結果も出ています。
(※ 乳果オリゴ糖を1日あたり3g摂取、それを1週間継続したときの結果)

しかし、その後オリゴ糖の摂取をやめたら、数週間後にはビフィズス菌の割合が元に戻ってしまったそうです。ここから言えるのは、継続して摂るのが大切ということです。

「じゃあ一生続けないとダメなの?」というと、それは分かりません。ある程度の期間、オリゴ糖を摂りつづければ、腸内環境も安定してくるはずです。そうなったら、摂るのをやめてもOKなのかもしれません。

ただ、日常的にオリゴ糖を摂るのは簡単なので、ずっと続けるほうがベターだと思います。

砂糖の代わりにオリゴ糖を使う

オリゴ糖を日常的に摂るにはどうすればいいかというと、一番手軽なのは、砂糖の代わりに使うこと。それだけです。

オリゴ糖は熱に強いので、火を通しても性質がほとんど変化しません。ですので、料理で砂糖を使う場面は、どんどんオリゴ糖に切り替えていくのもいいと思います。

ただし、一言でオリゴ糖と言っても、その種類はたくさんあります。代表的なのは「乳果オリゴ糖」や「ガラクトオリゴ糖」です。種類によっては、お腹の調子が良くなる場合もあれば、何も変化が感じられない場合もあるようです。

このあたりは、自分に合ったオリゴ糖を探すまでが大変ですが、まずいろいろ試してみることです。

ちなみに、オリゴ糖製品にはトクホ(特定保健用食品)として認められたものもあります。「トクホ=健康に役立つと科学的に証明されている食品」ですので、まずはトクホ認定されているものを使うのがベターと思います。

たとえば「オリゴのおかげ」はトクホ認定されています。この製品に含まれているのは乳果果糖オリゴ糖ですが、一般的なオリゴ糖「ラフィノース」に比べて整腸効果が優れているという実績もあります。

ページ上部へ戻る